発泡スチロールで簡単!自作プランターで小松菜栽培(3)

発泡スチロールで簡単!自作プランターで小松菜栽培(3)

しゅんです。

小松菜栽培の第1回目の収穫の様子をお伝えします。

成長具合

今回の収穫方法は成長した外葉だけをカットします。そうすることで成長速度の遅い冬にすこしでも長く楽しむことができます。春にとう立ちしてつぼみをつけるまで楽しみたいと思っています。

発泡プランター_17

前回ビニールトンネルをかけたのが2019年12月初旬でしたが、それから2か月が経過した状態が上の画像です。ビニールを持ち上げんばかりにもりもりです。

発泡プランター_18

ビニールをとったところ。6株うえてありますので、その外葉のみを収穫します。

 

発泡プランター_19

ついでにリーフレタスももさもさになってしまったので、こちらも外葉だけを収穫します。

Advertisement

収穫

発泡プランター_20

はい、スッキリしました。中心部の葉を5枚くらい残してあります。外葉に邪魔されて日当たりも通気性も悪くなっていたので、また元気よく成長してくれると思います。

 

発泡プランター_21

収穫量はこんな感じ。小松菜はスーパーで売ってる1袋くらいにはなったと思います。出来としては虫食いや病気は全くなかったですが、ちょっと葉や茎が硬い感じです。

Advertisement

最後に

小松菜は漬物に、レタスはサラダにしていただきました。

発泡プランター_22

小松菜を3~4cmくらいに切って、電子レンジで温めます。ちょっと水が出るくらい。水を絞って袋に入れます。

昆布を適量ハサミで細切りに、さらに鷹の爪を1本輪切りにして袋に入れます。

塩小さじ1と砂糖小さじ1、酢を小さじ2、めんつゆ小さじ2を袋に入れてもみこみます。

冷蔵庫に入れて1日つけたらできあがり。茎や葉が硬めだったので漬物にしたら歯ごたえがあり、美味しくできました。

漬物好きの妻にはたまらない一品となり、私も満足です。

春になったらつぼみを食べたいと思います。うまく育てばの話ですが。

 

3/10追記です。

このところの暖かい陽気で一気にとう立ちしてしまいました。

発泡プランター_23

前回の葉の収穫から1か月、葉も茎も硬い感じになってしまい、もう収穫時期を過ぎてしまいました。それでもせっかくなので、からし和えにしてみようと思い、すべて収穫して食べてみることにしました。

 

繊維も筋張っていたので、ちょっと長めにゆでてみたのですがうまくいきませんでした。

見た目もかなりイマイチだったので、写真も撮り忘れてしまいましたが、それでも妻は美味しいといってくれていました。

簡単な小松菜栽培ですが、美味しく育てるにはなかなかの経験が必要で、農家さんは偉大だと改めて感じました。

また暖かくなったら種まきをしたいと思っています。