留継ぎをもっと簡単にしたい!45度カット治具

留継ぎをもっと簡単にしたい!45度カット治具

しゅんです。

DIYをする人なら一度は挑戦するであろう、45度カットですが、正確にカットするのは非常に難しいですね。そこで今回は45度カット治具を製作しました。

きっかけ

45度の切断は今までソーガイドを使ってその都度角度調整をして、時間をかけて切っていました。その様子はソーガイド・エフを使って正確に45度切断する方法でご紹介しました。

 

私自身、あまり45度カットをする機会が少なかったので、上記の方法で不便を感じていませんでした。しかし前回ご紹介した、額縁を製作する際に良い機会だと思い、より短時間で45度カットができる治具を製作することにしました。

 

Advertisement

構想

まずはどのような形態にするかを考えるため、市販されている45度カットができる商品をネット検索してみました。が、どれもソーガイド以上に精度が出せるようにはどうしても思えません(個人の私見です)。そういった商品を参考して作ってもおそらく意味がないと思います。

さらに有名メーカーから発売されている45度の線を簡単に引くことができる留め定規でさえも「45°角度精度±0、2mm/100mm」という表示があります。最大で0.2mmずれますよという意味です。これは批判しているわけではなく、工業製品として仕方がない誤差なのは重々承知しています。しかし、留継ぎにおいては0.2ミリのずれは大きな隙間ができてしまいます。

電動マルノコを使った45度カット治具は数多く紹介されていましたが、私は電動マルノコは怖いので持っていません。でもその中で参考になる治具がありました。あらかじめ90度にセットされたガイドをマルノコの刃に対して45度になるようにし、材料をガイドに合わせてカットすれば留継ぎが隙間なく製作することができるというものです。

まずは左側でカットした材料をAとします。それに対して右側でカットした材料をBとします。Aの角度が45.1度でBの角度が44.9度であっても合わせると90度ピッタリになるというわけです。あまり大きくずれているとカット部分の長さが変わってしまうので、なるべく45度に近づける必要はありますが、この方法を応用すればうまくいきそうです。

そして考えた治具の形がこちらです。

赤いラインに材料を合わせて、Aの部分で切ったものとBの部分で切ったものを合わせることでピッタリ90度になるわけです。わかりにくいと思うので完成後に画像で詳しく説明します。

それと、より正確にカットできるようにAとBの木口にマグネットシートを貼り付けてノコギリがぶれないようにしました。このアイデアはネットで見つけた先人たちのお知恵をリスペクトさせていただいています。

Advertisement

製作詳細

材料は家にあった構造用合板9mmの端材を使用しました。200mm角で2枚切り出します。

これを木工用接着剤で貼り合わせて厚さ18mmの板を作ります。

接着剤を前面に塗って…

クランプで圧着保持。

1枚の板が出来上がったら、角が正確な90度になるようにかんなで微調整をして仕上げます。

そして1か所を45度にカット。下に敷いた紙はパソコンで45度を描いた図形に合わせて確認しているところ。ここまでピッタリになるまでにまたもやかんなで微調整を重ねて、やすりで仕上げています。それでもおそらく微妙に45度ではないと思います。

Advertisement

完成

額縁_06

最後にカットするときのガイドとなる木口にマグネットシートを貼り付けて完成。

工程としては大したことはないのですが、とにかく微調整の繰り返しで疲弊しました。実はうまくいかずに1度失敗してやり直しています。でも完成すればこの作業ともおさらばです。

それでは使い方をご説明します。

まずは赤いラインに材料の端を合わせつつ、45度に切るAの部分も合わせます。

アサリのないのこぎりでマグネットに密着した状態でカット。

次に同じように赤いラインに材料を合わせつつ、Bの部分に切りたい長さに合わせてカットします。(アングルがわかりにくくてすいません)

微妙に45度ではないですが、カットしたAとBを合わせるとピッタリ90度になり、結果オーライということになります。

正直言って、初心者の方には微調整がちょっと難しいかもしれません。私自身、もう一度同じものを作れといわれるとちょっと嫌です。お金を出して電動工具や精度の高い工具などを買ってやるのももちろん良いですが、自分の技術向上を目指してやってみると失敗しながらも自信につながり、今後の作品にも良い影響がもたらされる気がします。

何事も楽しみながら挑戦するのがDIYの良さなんじゃないでしょうかね~。