DIY歴15年で初!!額縁つくりました(1)

DIY歴15年で初!!額縁つくりました(1)

しゅんです。

DIYで比較的初期によく作られる額縁ですが、15年たって初めて作ることにしました。

きっかけ

今まで額縁を作ろうと思ったことはありませんでした。というのも私が思うDIYは生活の中で役立つものを中心に作ることだったからです。ですから家具を作ることはあっても、絵やその他の作品を飾るという発想があまりなかったので、製作テーマに上がってこなかったんですね。

ではなぜ今額縁なのか、それは娘に頼まれたから。娘は私に似てものづくりがとても好きです。ペーパークラフトで作った「モザイクアート」にピッタリの額を作ってほしいと頼まれました。

 

額縁_01

 

頼まれたのはだいぶ前だったのですが、私の作りたいものが優先順位が高かったので後回しにしていました。案の定、次は額を作ると娘に伝えると「覚えてたんだ…」と半ばあきれられてしまいました。すまん…娘よ。

Advertisement

構想

今回は木を枠状に組んだだけのとてもシンプルな額縁にします。電動トリマーで飾り加工をすることも考えましたが、作品が派手目なので額はシンプルな方が映えるかなと思います。

 

額縁_05

使う材料は家に余っていたホワイトウッドです。切り口が曲がっていたり、板の幅が均等でないので製材が必要です。

 

額縁_06

それと今回は材料の木口を45度にカットして留継ぎをしようと思います。そこで従来のやり方よりも簡単かつ正確に45度カットができる治具を製作しました。その様子は留継ぎをもっと簡単にしたい!45度カット治具にアップしました。

 

 

材料費は塗料や金具も含めて、すべて家にあるものを使って作るので、新たな出費は0円です。

それでは早速作業の様子をお伝えします。

Advertisement

材料の製材

製材といっても、電動手押しカンナなどは持っていませんので、電動トリマーとカンナでやってみました。

 

額縁_02

まずはホワイトウッドの板に基準となる直線の木口を作るため、電動トリマーと先日製作したトリマー定規を使って切削します。

 

 

額縁_03

次に基準の木口から切り出したい幅にのこぎりでカットします。木目に沿って切ることを縦引きといいますが、繊維が鋸刃に絡むので切るのが大変です。

額縁_04

そして、ノコギリでカットした木口をかんなでなるべく正確な直線と直角を出していきます。こちらの木口も電動トリマーで切削しても良いのですが、自身の練習も兼ねてかんなでやっています。

1枚の板から2本の角材を切り出し、製材は完了です。

 

次回は45度カットの様子からお伝えします。DIY歴15年で初!!額縁つくりました(2)へ続きます。