今さらながら、トリマー定規作りました

今さらながら、トリマー定規作りました

どうも、しゅんです。

DIYを始めてかれこれ15年、電動トリマーを買ってから10年はたつと思います。そんな私が今さらながらトリマー定規を作ったのでご紹介します。

きっかけ

まず、なぜ今まで作らなかったかというと、
1.端材の棒きれで代用できる
2.じゃまになるのではないか?
3.これだけのために材料を買うのはいかがなものか?
以上3つの理由です。

今回、多機能サイドテーブルを製作するうえで「トリマー定規があったら便利かなぁ」と思ったのと、ちょうどよい端材があったので今さらながら作ることにしたというわけです。

正直、ご紹介するほどのアイデアや工夫があるわけでもないのですが、一応自作治具として載せたいと思います。

Advertisement

製作詳細

材料はラワン合板の4㎜厚と9㎜厚の端材を使用しました。

 

トリマー定規_2

9㎜厚の板は片側がガイドとなるので、直線である必要があります。ですから購入時にカットしてもらった面(画像の赤いライン)を利用します。幅は50㎜で切り出しました。長さは90cmです。

 

トリマー定規_3

ベースとなる4㎜厚は直線性はあまり気にせずに93㎜巾に切りました。後ほどトリマーで削るので問題なしです。部品はこの2つだけです。

 

トリマー定規_4

これらの板を木工用接着剤でしっかりと圧着保持して接着します。

 

トリマー定規_1

最後に6mmのストレートトリマービットでベース板を3mm削ります。要するに一番使用頻度が高い6mmストレートビット専用のトリマー定規となるわけです。

Advertisement

最後に

トリマー定規_5

完成です。画像の赤いラインの部分を削りたい部分のケガキ線に合わせて固定し、電動トリマーをかければ簡単に正確な直線を出すことができます。

 

トリマー定規_6

この画像は多機能サイドテーブル製作時に使用したときの様子です。 いちいち計算をしなくても簡単に作業ができるようになりました。

DIYを続けていると徐々に工具や治具が増えていってしまいますね。大切なのは自分にとって本当に必要なものなのかどうかで取捨選択することです。時には失敗して無駄なお金を使ってしまうこともありますが、それも上達への投資と思いたいものです。