収納容量大幅アップ!調味料引出しリメイク(1)

収納容量大幅アップ!調味料引出しリメイク(1)

しゅんです。

以前から不満のあった調味料引出しをリメイクしました。収納容量アップと使い勝手を良くしたいと思います。

きっかけ

我が家はごく普通のシステムキッチンで、ガステーブルの脇に巾20cmほどの縦長引き出しに調味料を収納していました。

 

調味料引出し_1

ビフォー画像を誤って削除してしまったので、取り外した後の調味料引出しですみません…。よくあるタイプの白いワイヤーカゴが上下2段になっていました。

このワイヤーカゴですが、よく見てみるとスペースの無駄が多いことに気づきました。一番無駄だったのが奥行が48cmもスペースがあるのに対して、38cmほどしか収納することができません。しかも完全に引き出すことができないので、奥のものが取り出しにくくなっています。

最下段には酒やみりん、油など大きめのボトルに入ったものを収納していましたが、ぎゅうぎゅう詰めになってしまっており、入れ方によっては入らなくて、まるでパズルです。

もともと3段式のカゴでしたが、真ん中のカゴを設置してしまうと最下段の調味料が取り出しにくくなってしまいます。カゴの高さを調整できれば良いのですがそれもできません。

そこに収めきれない調味料は離れた別の引き出しに収めており、何がどこにあったかわからない状況で、子供たちがお手伝いをしてくれる時も「これはどこにしまうの?」と毎回聞かれる始末。

これは作るしかないと思った次第です。

Advertisement

構想

例のごとく今回のポイントをまとめました。

・3段式の引き出しにしてすべての調味料を収める

・調味料をとりだしやすく、しまいやすくする

・できる限り低コストで

・前板は既存のものを利用し、全体のデザインと同じにする

・引き出し自体が汚れやすいので、木にしみこまないようにしっかり塗装する

 

今回からjw_cadを勉強しなおしてできるだけ見やすい図面にしてみました。

いつもより薄めの9mmラワン合板を使用します。2段目は前板に固定せずに必要な時だけ引き出せるようにしました。1段目と3段目は3段式スライドレールを使用し、奥まで引き出せるようにして取り出しやすくします。

Advertisement

製作詳細

材料の手配

最近大型荷物の送料が非常に高騰しています。一般家庭への配送については不在問題もあり、異常なまでに高くなってしまいました。これはある程度仕方のないことだと思います。

以前はネットで遠方の木材屋さんから材料を買っていましたが、今回は良さそうな近所の木材屋さんをネット見つけることができたので、送ってもらうのではなく、自ら取りに行くことにしました。結果、2000円前後の送料を浮かせることができました。木材屋さんの顔も見れますし、当然会話も生まれるので安心して買い物ができそうです。

ラワンベニアの9mmとMDFの4mmを調達しました。1600円程度で済んでいます。

 

カット加工

最低限のカットのみしてもらったので、あとは手ノコで切り刻んでいきます。

 

調味料引出し_2
調味料引出し_3

いつものようにのこぎりで所定の寸法より0.5mmほど大きく切って、カンナで仕上げていきます。

はっきり言って疲れます。2~3枚切っては別のことをして休憩してまた切る。こうでもしないと集中力が続かずに寸法だしがいい加減になってしまうのです。時間がかかりますが、ピッタリに仕上がると楽しいです。

 

調味料引出し_4

すべての材料が切り終わりました。機械カットのように完璧に直線で寸法通りとはいきませんが、充分の精度だと思います。

続きは次回、収納容量大幅アップ!調味料引出しリメイク(2)に続きます。