特殊な引き出し式の洗濯物入れ

特殊な引き出し式の洗濯物入れ

しゅんです。

洗濯機横に特殊な引き出しの洗濯物入れを製作することにしました。

きっかけ

以前、サニタリー収納の一番下に洗濯カゴ収納兼、洗濯物入れを製作したものをご紹介しました。

サニタリー収納_スイング扉

洗濯物が見えないようにスイング扉式にしたのですが、洗濯物を奥に押し込むように入れなくてはいけません。今までは投げ入れるだけでした。

片手で洗濯物を押し込んだ後、スイング扉が手にあたってちょっと痛いという意見も。さらにはわざわざ軽くかがまなければならない点も家族に不評でした。

 

洗濯防水パンカバー_完成上から

その代替え案として今回、洗濯機横の巾30cmにも満たないスペースに洗濯物入を設置することにしました。

Advertisement

構想

前回の失敗を生かすために注意すべきポイントをあげると…
・洗濯物を投げ入れられるよう、上部は開放にする
・洗濯する時に洗濯物を取り出しやすくするため引き出し式にする
という2点です。

さらに必要条件をあげると…
・洗濯物が丸見えにならないように深さをとる
・なるべく湿気がこもらないようにカゴ状にする
・排水管清掃ができるように取り外しができるようにする
・できるだけ低コストで
・周辺に合わせて白に塗装する
こんなところでしょうか。

いつものように見にくい図面で申し訳ないのですが、のせておきます。

本体はホワイトウッドでカゴ状に組み立てて、前板はシナランバーコアを使用します。引き出し式ですから、底引きスライドレールを採用し、補助的に右サイドにだけ3段引きスライドレールを使います。

Advertisement

製作詳細

材料の手配

今回はホワイトウッドの厚さ18㎜、巾40㎜を使用しました。あらかじめカット依頼をしています。
金具は長さ578㎜の底引きスライドレールを1本、右サイドの補助的なスライドレールは以前、別の家具を解体したときにとっておいた450㎜の3段スライドレールがありましたので、流用します。
カゴの底板は端材のMDF4㎜を使用、前板はシナランバーコアの18㎜厚を使用します。

全部のコストは塗料分を入れても3,500円ほどで済みました。

 

カゴ部分の組み立て

今回はネジが見えてもあまり気にならない作りになりそうなので、木工用接着剤とネジ止めだけで組み立てることにしました。

 

引き出し式洗濯物入れ_カゴ組立て1

まずはネジ用の下穴を空け、接合面に木工用接着剤を塗り、ずれないようにクランプで固定、ネジでしっかりとめます。

クランプで固定しながらネジを打たないと木がずれてしまいます。初心者のころはなぜずれてしまうのかがわからずにヤキモキしたものです。

木には年輪や節によって固い部分と柔らかい部分があり、ネジが進む際に柔らかい部分に逃げることでずれが生じてしまうのです。一度柔らかい部分に空いたネジ穴は後から微調整しようとしてもうまくいきません。

クランプで固定するひと手間をかけることで、仕上がりが全く違いますので、お勧めします。

 

引き出し式洗濯物入れ_カゴ組立て2

カゴの底板には余っていた端材のMDF4㎜を使用しました。長さが足りなかったので、2枚になってしまいましたが問題ないでしょう。

 

使用感を試す

今回のテーマはちょっと自信がなかったので、ここでカゴ部分を仮設置して、しばらく家族に使ってもらい、改善点などを指摘してもらうことにしました。

 

引き出し式洗濯物入れ_仮設置

底引きスライドレールを洗濯防水パンカバーに固定、右サイドに3段引きスライドレールを壁に両面テープで仮設置しました。

 

引き出し式洗濯物入れ_仮設置2

カゴをめいっぱい引き出すとこんな感じ。これで奥の洗濯物が取りやすいというわけです。

 

そしてもう一つ追加作業がありました。
今まで風呂水ホースは洗濯機の右サイドにかけていたので、正面の壁に移動しました。ホースやコードが丸見えで雑然としている感じになってしまいましたが、普段は手前にお風呂上がりの足ふきマットをかけいるので良しとします。

そして1週間ほど使用した感想は、「洗濯物を投げ入れることができるし、取り出すときも特にストレスを感じず、使いやすい」とのことで特に改善点はないようです。これで安心して前板製作、塗装作業にかかることができます。

 

スライドレールを固定

使用感を試すために底引きスライドレールと右側の3段式スライドレールを仮止めしていましたので、壁にネジでしっかりと固定します。

 

引き出し式洗濯物入れ_石膏ボードアンカー

使用するのは石膏ボード用のアンカーです。

 

引き出し式洗濯物入れ_アンカー

まずはドリルで下穴を空け、アンカーを差し込みます。

 

引き出し式洗濯物入れ_アンカー2

しっかりと奥まで差し込んだ状態です。硬い時はハンマーで軽くたたきこみます。

 

引き出し式洗濯物入れ_底引きスライドレールを固定

底引きスライドレールをセットしてアンカー部分にネジで固定します。

 

引き出し式洗濯物入れ_スライドレールを固定

右側のスライドレールも同様にアンカーを打って、ネジで固定します。
最後にカゴ部分を各スライドレールにセットして完了です。

 

前板の作成

18㎜のシナランバーコアを使って前板を作成します。

引き出し式洗濯物入れ_ボーズ面ビット

所定のサイズに切り出した板の両サイドをボーズ面ビットを電動トリマーにセットして切削します。
通常、シナランバーコアは切断面が綺麗でないため、トリマー加工には適していません。無垢材や集成材が適していますが、今回はコスト重視でいきます。

 

引き出し式洗濯物入れ_トリマーで切削

こんな感じで切削できました。ところどころ歪んだりしてますが、後ほどサンドペーパーでならします。

 

引き出し式洗濯物入れ_トリマー後の穴

案の定、穴が空いている場所もあり、断面としては最悪です。合板は接着剤も使われているので摩擦熱で焦げやすく、黒くなっています。

 

引き出し式洗濯物入れ_パ手盛り

穴や大きな継ぎ目を木工用パテを使って埋めていきます。ある程度乾いたらカッターとやすりを使って削っていきます

 

引き出し式洗濯物入れ_パテ研磨完了

余分なパテを削ってならした後、もう一度パテ盛りして再度削った状態がこちらです。他にも3か所ほど同じように穴埋め作業を行いました。

接着剤の焦げ付きによる黒ずみもほとんどとることができました。

 

引き出し式洗濯物入れ_木口テープ

前板の上部木口だけにシナ木口テープを貼ります。

 

引き出し式洗濯物入れ_小口テープ2

木口テープのはみ出ている部分をカッターで切り落とし、丸めた角も切り落としました。

 

引き出し式洗濯物入れ_仕上げ研磨

最後に塗装前の仕上げ研磨を240番のサンドペーパーで行います。

天気も良いですし、前板1枚だけなのでベランダで電動工具を使わずに研磨作業をしました。

 

引き出し式洗濯物入れ_前板完成

研磨も完了。これで前板の加工は終了です。残すところは塗装のみとなりました。

 

塗装

実は私が一番好きではない作業は塗装です。養生はしなくちゃいけないし、手や服が汚れる可能性が高いですし、何より綺麗に仕上げるのが難しいから。ついおっくうで少し時間があいてしまいました。

 

引き出し式洗濯物入れ_カゴ塗装

まずはカゴ部分の金具類を取り外して、白で塗っていきます。隙間部分が塗りにくくてきれいにできませんでしたが、あまり目立つ場所じゃないので良しとします。あっという間に塗り終わったようですが、3回塗で3日間かけています。

 

引き出し式洗濯物入れ_カゴ塗装仕上げ

最後に400番のサンドペーパーをかるーくかけて表面のざらつきをとったら終了です。

 

引き出し式洗濯物入れ_前板塗装

前板の塗装はカゴ部分よりも丁寧に行っています。
まずはペンキの白で3回塗りし、400番のサンドペーパーで表面のざらつきを取ります。その後、水性ウレタンニスの透明で1回塗り、また400番のサンドペーパーをかけ、最後にニスを1回塗りしました。画像をご覧いただくと表面のつやで光が反射しているのが良くわかると思います。パテで埋めた穴も言われなければわからない程度まで隠すことができました。

 

最終組み立て

塗料が十分に乾いたら、いよいよ最終組み立てです。

引き出し式洗濯物入れ_最終組み立て

まずはカゴ部分を各スライドレールにセットします。そして前板の取り付け位置を慎重に決めて、裏側からカゴと前板をスレンダースレッドネジで固定します。

 

引き出し式洗濯物入れ_クッションゴム

底引きスライドレールの部分が開閉時に当たって「カタン!」と音がしてしまったので、画像のようなクッションゴムシールを貼ることにしました。

 

引き出し式洗濯物入れ_クッションゴム貼り付け

非常にわかりずらいですが、カゴ底裏の音の原因部分に貼り付けることで改善しました。

 

引き出し式洗濯物入れ_手をかけて引き出す

当初は引き出し取っ手を付ける予定でいましたが、前板の上部に手を引っ掛けて出し入れした方が良さそうなので、このままで完成としました。

Advertisement

最後に

引き出し式洗濯物入れ_完成1
引き出し式洗濯物入れ_完成2

妻は入れる時も出す時も使い勝手がよく、満足とのことでした。実際以前の洗濯物入よりもポイポイと入れやすくなりました。

でも私的には、機能を追求しすぎたかなと思っています。娘にも同じことを言われましたが、外観が若干残念な感じがします。洗濯機との連続性がないというか、隙間が多いというか、無理やりくっつけた感じ?もうちょっとスペースが取れれば完全な箱状にするなりして体裁を整えられたかもしれません。でも通気性が悪くなるデメリットもあるし…これはこれで良しとするしかなさそうです。

完成後、マンションの定期雑排水管清掃があり、洗濯物入れの下に洗濯機の排水口がありますので、取り外さなくてはなりません。そんな時でも全く問題ありませんでした。カゴ部分をスライドレールから外し、底引きスライドレールのネジを1本だけ外して洗濯防水パンカバーを外せばOKです。ものの3分でできました。メンテナンス性も良い、これって結構重要ですね。

全体としてみると少々引っかかる点がありましたが、妻が喜んでくれるのが一番ですので、「DIY大成功」と言えるのではないでしょうか。