どうしても気に入ったソファが見つからない…じゃあDIYしよう!

どうしても気に入ったソファが見つからない…じゃあDIYしよう!

しゅんです。

2016年にソファを製作しましたのでご紹介します。

Advertisement

きっかけ

過去にソファを2回買い替えた我が家。いずれも座面がヘタったり、合皮が破けてしまったり。ソファは修理や補修をするのが難しい家具だと思います。買い替えるには高価ですし、サイズや機能がどうしても気に入りません。そこでいつものないなら作っちゃおうの発想です。自分で作ることができれば修理や補修は簡単ですからね。費用も最小限ですむので節約にもつながります。

Advertisement

構想

では製作のポイントをまとめてみます。

・座面と背もたれの交換や洗濯が行えるように規制サイズの長座布団を使用する

・ソファ全体のサイズは長座布団のサイズに合わせる

・掃除がしやすいように、ソファの下に掃除機のヘッドが入るようにする

・サイドテーブルを別途置きたくないので、同等の機能をつける

・テレビなどのリモコンを収納できるようにする

・デザインや色はダイニングテーブルとテレビ台に合わせる

・ソファでうたた寝することがあるので、ひじ掛けはつけない

これほどわがままを詰め込んだソファはめったにないのではないでしょうか。

Advertisement

構造と工夫点

ソファをDIY_ベンチ状態

まずは長座布団を設置していない状態です。いつもの安くて加工しやすいホワイトウッドを使用しています。この状態だと完全にベンチですね。最終的に長座布団を座面と背もたれに取り付けます。

 

ソファをDIY_脚のデザイン

廊下からリビングに入るとソファの横が見えます。平行四辺形と二等辺三角形を組み合わせたデザインにしました。以前ご紹介したソーガイド・エフによる斜めカットが大活躍しました。平らな板にただ脚をつけるよりもおしゃれに見えませんか?掃除機もかけやすいようになっています。

 

ソファをDIY_広めの座面

背もたれの角度は以前のソファと同じにしました。うたた寝をするために座面も広めです。

 

ソファをDIY_極薄引き出し

座面の下にはリモコンなどを収納する極薄の引き出しが付いています。ここに引き出しがあることが一見わからないように作るのに苦労しました。

 

ソファをDIY_引き出し式サイドテーブル

引き出し式のサイドテーブルです。先ほどの極薄引き出しと干渉しないようにギリギリに追い込んでいます。ソファでお茶を飲むのに重宝しています。

 

ソファをDIY_長座布団を固定

長座布団をガンタッカーで取り付けた画像です。ダイニングテーブルの椅子に合わせて座面は白っぽいカバーを選びました。汚れたら洗濯できますし、破けたら交換できます。中身はちょっと薄かったので二重にしました。

ソファをDIY_引き出し全景

引き出しには各種リモコンとハムスターの餌、乾電池のストックが入っています。極薄引き出しなので、収納できるものが限られてしまいますが…。

Advertisement

最後に

肝心な座り心地ですが、最高とはいいがたいですが、映画1本見る分には悪くはないといったところでしょうか。子供たちもここに座ってハムスターを観察しています。

強度的には全く問題ありませんでした。大人2人が座面に立ってもミシリともいいません。

今までのソファの不満点を補う作りにできましたし、それ以上の機能性をもたせることができたので、総合的に満足しています。これでソファで悩まされることはなくなりました。