工具キャビネット

工具キャビネット

しゅんです。

 

工具キャビネット_製作前

DIYをはじめて5年が経過し、いつのまにか収納に困るようになってしまった工具たち。

必要に迫られて少しづつ揃えた大切な工具たちを1箇所に、使いやすく、痛めないように収納したいと思い、2009年にこの工具キャビネットを製作しました。

 

ただ収納するだけでなく、作業中の工具を一時的に置く台として、さらに作業内容によってキャビネットを移動できるようにキャスター付きにしました。

工具キャビネット_このぎり一時置き 工具キャビネット_長尺あて木置き

他にものこぎりの一時置きやボンドを逆さに立てて置ける場所や長尺のあて木用収納をワゴン下に付けました。

作業中、設計図をキャビネットの脇にマグネットでとめて置けるようにしました。

 

当初は和室の押し入れの下段にすっぽりと収まるように設計をしましたが、ライフスタイルが変わり、押し入れに入れずに作業台としても使用できるよう改良を加えています。このことについてはまた、後日アップします。

工具キャビネット_スライドレール

この写真は前板をつける前の画像ですが、ちょっといまいちだったかなと思う点は、各引き出しに取っ手をつけたくなかったので、プッシュオープンスライドレールを使用したことです。

引き出しを押すことで開く構造のスライドレールなのですが、結局「押す」「引き出す」という2アクションが必要なのがちょっと面倒だったのです。しかも早々に2か所のレールが故障。

かっこだけで選ぶべきではなかったかなと。

 

工具キャビネット_収納の様子1 工具キャビネット_収納の様子2

この工具キャビネットを製作する前は、引き出しや工具箱3個にバラバラでしたが、当時は1か所にまとめることができました。

それでも工具は増える一方で、現在は使用頻度の少ないものは段ボール箱行きになっています。

 

工具キャビネット

長く使ものだからとこだわって作ったため、製作費は3万円を越えました。

それでも市販品と同等価格ですし、自分の使いやすいように工夫をいくつもしているので、実用性を考えると非常に価値の高いものになったと思っています。

何より毎回作業を始める時にうれしくなって、楽しく作業ができることがいいですね。