トイレ収納のリメイク

トイレ収納のリメイク

しゅんです。

 

今回は2006年に製作した妻の母上からの依頼品です。

2006年頃に妻の両親が家を新築で建てました。

その時にトイレの中に置くコーナー収納を購入したのですが、フォルムデザインは気に入っているが、色と高さを何とかしてほしいと頼まれました。

まず、色は元がクリーム色なのですが、白にしたいということ。

次に高さがありすぎて、トイレットペーパーホルダーに干渉してしまい、コーナーに置くことができないということです。

 

簡単な依頼だったので、二つ返事をして持ち帰ってきました。

完成品しか画像がありませんが、切断した部分を上にのせて撮ったのが下の画像です。

上部が元のクリーム色であることがわかると思います。

トイレ収納 トイレ収納の元の形

材質はMDFで出来ており、ジグソーで簡単に切断できました。

もともとの曲線に合わせて下書きをして、かなりゆっくり切り進めました。

そのあとにやすりでじっくりと調整しました。

カーブを切る良い練習にはなりました。

トイレ収納扉を開けたところ

上の段の扉はもともと最上段についていましたが、それも移動しました。

塗装は白のペンキで塗りつぶしました。

 

義母は単純にまっすぐ切断するのを想定していたようで、大変喜んでいただけました。

 

今回のようにMDFなどの加工しやすい材質の場合は、比較的簡単にリメイクすることができます。

少し大きめの市販家具ですと、板の中が空洞のフラッシュ構造になっていたり、パーチクルボードと言って細かく砕かれた木材を接着剤と混ぜて熱圧成型したボードであったりするとリメイクが難しくなる場合もあります。

 

実際パーチクルボードをのこぎりで切断したりドリルで穴をあけたことがありますが、非常に硬くて両方とも刃が1回でダメになってしまった失敗経験があります。

そういったことを見極める目を養うこともDIYをするうえで役に立ってくることの一つだと思います。